患者を診ている医者

高血圧は血圧が高い状態で維持されてしまっている病気であり、それ自体には自覚症状があまりありません。
そのため、自覚せずに進行させてしまっているケースが多く、合併症を伴うことによって医療機関を受診するということもしばしば見られる光景です。
高血圧は原因疾患があって生じる場合もありますが、生活習慣に根ざした本態性高血圧の患者が増えているのが現代社会の特徴であり、その完治には生活習慣の改善を行った継続的な努力が必要となります。
生活習慣病の尾一つとして位置づけられている本態性高血圧では降圧剤による血圧管理を行うことは、患者の自覚意識さえあればそれほど難しいことではありません。
しかし、完治させようとすると困難になるケースも多々あります。
生活習慣の改善として食生活を変えたり、運動の習慣を作ったりといったことが行われますが、それが著効を示す人もいれば、努力をしているのにほとんど改善が見られない場合もあるからです。
また、完治したと思っても、生活習慣を戻してしまうことで再び高血圧になってしまう人もいます。
そのため、高血圧が完治するまでの平均期間を定めるのは難しく、数週間で治る人もいれば、一生付き合っていかなければならないという人もいるというのが実情です。
患者一人一人の体質が影響することに加えて、年齢による影響も否めないことも原因としてあげられます。
しかし、それよりも大きな影響を与えるのが個人によって治療のための生活習慣改善への取り組みの度合いが大きく異なるという点があげられます。
自覚症状を伴わない疾患であるため、薬を飲むだけで放置してしまうという人も多く、治療が進まないということもよくあることとなっているのです。

記事一覧

印西市で高血圧症を診てくれる病院は、循環器科や呼吸器内科の総合クリニックがあります。 印西市では、肺...

高血圧には大別する二種類あり、本態性高血圧と二次性高血圧とに分類されます。 この種類分けは原因疾患の...

高血圧は非常に一般的な疾患の一つとして知られています。 近年では家庭に導入出来る簡単な血圧計も増えて...

高血圧はほとんどの場合は原因となりえる要素に思い当たる節があるもので、最も多いものとしては普段の生活...