• ホーム
  • 医師の推奨する食事療法での高血圧治療について

医師の推奨する食事療法での高血圧治療について

診察中の医者

高血圧は非常に一般的な疾患の一つとして知られています。
近年では家庭に導入出来る簡単な血圧計も増えてきており、普段から自分で測定して健康管理に役立てることが出来ます。
しかしながら高血圧には何らかの原因があってその様な状態になっていると考えるのが一般的です。
そのため高血圧で病院にかかった場合には原因を除去するための何らかの対応を取ろうとするのが一般的です。
一般的に原因として指摘されるのが塩分の過剰摂取です。
塩気の強いものを食べ過ぎている等の状況がある場合には血圧が上昇する原因の一端を担っている可能性があります。
そのため対策として、例えば減塩を主な対策とした食事療法が行われることが少なくありません。
この食事療法は日常生活で摂取する塩分の絶対量を低減させていくことを目的としているものであり、様々な手法が取られています。
他にも単なる減塩食というわけではなく、塩分の排出を促す効果のあるカリウムを多く含んだ食品や食物繊維等を積極的に摂取してコレステロールを減らすところから始められます。
野菜や果物の摂取量を増やし、魚類を増やすことでコレステロールの過剰な増大を防ごうという食事の形もあります。
様々な方法によって血圧の低下を促そうとする食事療法がいくつも開発されています。
この様な食事療法は特に期限を定めず、自然に継続していけるようにするのが最も望ましいのです。
しかしながら自由に食事が出来ないことへの不満が発生するケースもありますので、柔軟に対応することも時には必要なことであると言えるでしょう。
長く継続すればするほど良いのですが、定期的に専門の医師のサポートを受けて環境改善に努めるのも大切なことであると言えます。

サイト内検索
人気記事一覧